このブログで人気の記事
【モノ】デッサンが苦手な自分みたいな方に凄い薦めたい技術本「人体のデッサン技法」【モノ】同人イベントで役立つグッズ紹介:EMINENT「キャリーカート」・タカ印「POPスタンド」【モノ】デッサン用フィギアに最適:特撮リボルテック SERIES No.020 骸骨剣士 2ndバージョン



【コト】分身ロボットカフェ(DAWN ver.β)に行ってきました

分身ロボットカフェ
 開店前に書いたこちらのエントリーの分身ロボットカフェに行ってきました。

 カフェの概要をざっと書くと、難病など様々な事情で外出困難な人が、株式会社オリィ研究所開発の分身ロボット「OriHime-D」を遠隔操作して働くカフェ「DAWN ver.β」が東京・赤坂の日本財団ビルに期間限定オープンしたものです。
 体調のこともあって行けない可能性も考えていたので席の予約券を抑えていませんでしたが、なんとギリギリ席が空いていて当日券で入場できました。ラッキーかよ(^ω^)

日本財団ビル
こちらが日本財団ビル。ゴリゴリに赤坂の中心、皇居の近くにあります。

メニュー
 メニューは2種類でオリィブレンド(ホットコーヒー)か、オレンジジュースが注文できます。
 最初に映像が中央のモニターで流され、そのあと間もなく分身ロボットがトレイを抱えて登場。
 各テーブルに移動して注文を取りに来てくれます。
 ドリンクを運んできてくれたあと、しばらく分身ロボットのパイロットさんとトークができました。とてもコミュニケーションが上手で、気さくで、質問にも答えてくださったり、まるでそこにご本人がいるかのように楽しく会話できました。なによりご本人が楽しそうに働いているので、こちらもうれしい気持ちになってしまいます。(^ω^)

パイロットプロフィール
 壁面には分身ロボットパイロットのプロフィールが掲示されています。
 注文と配膳をしてくださった大きいオリヒメ(移動が可能)以外にも、小さい元祖オリヒメ(こちらは上半身のみ)がテーブルに置かれ、そちらのパイロットさんともトークできました。こちらの場合はテーブル間をスタッフさんが移動させてくれます。
 とにかくどのオリヒメも実際見てみるとさらにフォルムがキュート。動けるオリヒメも小柄で思わずヨシヨシしたくなるようなかわいらしさがあるのですよ。立体デザインとしても非常に魅力的です。(*'ω'*)

オリヒメ
 見学コーナーでは実際にオリヒメを操作したり、視線文字入力システムの実体験ができました。目で入力できるのマジですごい。慣れない操作だったので時間がかかったけど、これ慣れたらすごい便利なんだと思う。入力した文字を音声として出力もできる。
 オリヒメの操作は、あらかじめ決められた動作ボタンをおせばワンタッチで手をあげたり、恥ずかしがったり(?)できるので、体が動かせない方でも文字や音声だけでなく、動作で感情を出すのが可能になります。

カフェ全体
 伺った当日も海外を含む、メディアの取材があるあたり斬新で未来を感じるイベント実験となったことでしょう。2020年オリンピックと同じ年に、実店舗のオープンを目標とされているそうなのでとても楽しみです。全国にも支店ができるといいですね。

 カフェに限らず、希望を感じる試みであったことは間違いないイベントだたっと思います。
 自分もいつ、全身が動かなくなったり自宅から出られなかったりする状態になるかわかりませんし、老人にはだれしもなるわけで、そういったとき、この技術がさらにパワーアップしているんだと思うのですが、変な話、それを使うのが楽しみ、という楽しみも出来た気がしました。

 時に世の中は「AI!AI!ロボットに仕事を奪われるときが来るぞ!」みたいな風潮があって、さもテクノロジーが悪で脅かす存在に書かれることもありがちなのですが、未来はそんなに悪くなく、人間とロボティクス、ほか最先端のテクノロジーで不自由なことがそうでなくなり、できないと思っていたことができるようになる時代になり、悲しいことはゼロにはならないだろうけど、希望も無くならないんだなと、改めて感じます。

 世界史に残るかもしれない、いや残るような画期的な試みの場にお客とささやかな支援者として関われたことを、とても光栄に思います。素敵な体験をありがとうございました。今後ともかげながら応援していきたいなと思います。

Google一族(Pixel3 + Google Pixel Stand、Google Home、Chromecast)とキーボード、マウスのワイヤレス化したよ〜

PCと携帯電話が同時期にイカれやがったので、そこら辺ドンと刷新しました。
タイトルがとっ散らかってますけども、以下の感じです。

Google一族
Google一族の導入
 ・Pixel3
 ・Google Pixel Stand
 ・Google Home Mini
 ・Google Chromecast

 スマホがイカれてきたので、思い切って従来使用していた国内メーカーのスマホを辞めて、グーグルさんのスマホにチャレンジしてみました。
 そうした理由は主に2つで、いつも使っていたメーカーの新機種発売がまだちょっと未定ぽかったんだけど物理的にあまり待っていられなかったという時間的な制限てのが一つ。
 二つ目は今後スマホはアップルさんと並んで、今後スマホのツーヘッド的存在になる「かも」と思ってとりあえず触れておきたかったということですね。いや、国内メーカーさんももちろん頑張っていただきたいのですが…。
 そんで、ピクセルを購入するついでに周辺の機器も試しに導入してみました。
 以下それぞれの感想など。


★pixel3の感想

 グーグルさんの日本初上陸のスマホです。海外ではすでに2まで売られていたようですね。
 使用感は前のスマホより処理が速いしおおむね快適(^ω^)

 データ移行もコードをつなげて画面のガイダンスに従ってピッピと簡単にできたのもよかった。今って公式ショップでもデータの移行ってスタッフさんはやらない決まりになってるんですね。あまりスマホや電子機器になじみがない人はちょっと不便だよなー(でも教えてくれるスタッフが在中している支店もあり、苦手な人は予約を入れるなどして教えてもらうこともできるようです。)

 ただ、入力周りがちょっと使いづらいかなー。(;´ω`)シャープさんのスマホのデフォルトキーボードのほうがスムーズに入力できてたしこまやかなUIと導線がデザインされていると感じました。まぁ自分が慣れているというのも多少あるのかもしれないけどね。

 この機種ならではの機能はあまりまだ使えてないんだけど、ARカメラ内で動くキャラクターちょっと出してみたけどかわいかった笑 カメラで写すだけで名前がわかる機能もいいですよね。ちょっと試した限りではまだちょっと精度は怪しかったりもするんだけど「そうじゃねぇだろ笑」と突っ込みながら楽しむツールとしてはいいかもしれないです笑

 サイズ感は前の機種に大きさも重さも似ているので割と大きな違和感はないですね。大きいXLにしなくてよかった。

 カメラは、自分の撮り方の慣れもあるのかもしれないけど、シャープさんのカメラのほうがきれいに撮れた気がするんだよねーうーん

 なお、スマホケースは公式の透明ソフトケースで1700円くらいで買ったんだけど、Amazon覗くとわりと他社のケースが安く売ってますね…(;・ω・)いや…ワイはすぐほしかったんや…
 それとスマホリング「AAUXX(オークス) iRing スマホリングUMS-IR09ILSL」で買いました。置くだけで充電できる後述の「Google Pixel Stand」に対応させるためにスライドさせてリングの部分を外せるようになっています。便利〜

 今購入するとGoogleプレイで使える特典…100円ごとのポイント付与率が 1.5 倍になる「ゴールドステータスメンバー」と「1000ポイント」がプレゼントされます。(後日メールに配信されるよ)
 まーちょっと使ってみて、次の機種変なにを選ぶことになるのか自分も楽しみです。


★Google Pixel Standの感想
 置くだけで充電できるpixel3公式充電器。でも何気にこれ単体で1万近いお値段がしますので、こだわらない人はpixelについているコードで十分充電可能です。(;´▽`)
 →ピクセル3公式サイト


★Google Home Miniの感想
 Google アシスタント(AI)がハンズフリーでお手伝いしてくれるスピーカー。何気に使いこなせたらもっといい感じになりそうです。音楽をかけたり、ニュースを聞いたり、明日の天気を聞いたり。「おはよう」というとニュースを流す…みたいに起動するルーチンも「おやすみ」や「ただいま」などでいくつか登録できます。
 あと何気に関心したのが結構小さめの声でも反応してくれることですね。
 自分は朝弱いので、ベッドでもぞもぞうだうだしながら「朝の音楽ながして〜」とか「最新ニュース教えて〜」とかいうだけでいいの楽…というかベッドでの堕落がはかどってしまうために危険ではあります(;^ω^)
 いろいろ連携先が増えてできることが多くなるとさらに面白くなりそうです。
 →Google Home Mini公式サイト


★Google Chromecastの感想
 テレビにつなげて、各動画サービスが閲覧できるやつ。
 もっぱらこれでYouTubeみてます。
 何気に、現TVは「YouTubeも見られるテレビ!」という売りの仕様だったはずなのだけど最近ブツブツ強制停止しちゃってまともに見られなくて不服だったんですよね。なのでこれで途絶えず動画が見られてよかったです。(ググったら時間がたってどうやらようつべの動画配信形式かなんかの変更に対応できないらしい)
 先の「Google Home」と連携させてるので「ねえグーグル、ヒカキンの動画をながして」とかで流してくれます
 →Google Chromecast Wikipedia


ワイヤレス化
PC刷新とその周りのワイヤレス化
 ・(パソコン)
 ・キーボード
 ・マウス

 パソコンのエントリは一つ前に書いた感じです。
 ついでだからということで、以前からやりたいなやりたいなと思っていた、ワイヤレス化をマウスとキーボードに導入。買い換えました。
 マウスDigio MUS-RKF127WキーボードエレコムTK-FDM087TBKです。マウスはレーザーマウスではない光学式っぽいんだけど白いツルツルの机でも動いてくれていますね。どちらもそんなに高いものではないのだけどいい感じです。
 ただ変えたばかりだからまだ慣れないいだけで…早く慣れたい…(;^ω^)


 という感じでひとまず走り書きしてみたけど、あとで追加編集するかもー 
 なんか一気にいろいろ手に触れるものが変わりすぎてワチャワチャしてるけど、まぁこういうタイミングなんでしょうね。機器だけでなく、自分自身もアップデートしていかなければと思ったり思わなかったりする今日この頃でした。
 

PC買い替え…

PC
旧PCがイカれてきたので、PC買い替えました。
ケースは不透明だけど無意味にマザボが七色に光ります…笑

CPU: Intel Core i7-9700K 3.6GHz/8Core(Coffeelake Refresh)水冷
MEMORY: 32GB (16GB×2)ヒートスプレッダ
HDD: [C] 500GB(SSD) [D] 1TB
OS: Windows10(64bit)

グラボは迷いましたがGefoce(GTX1060)にしました。
まだ少ししか使ってないけど、めちゃくちゃ静音でビビるほど静か。ライトがついてないと起動しているかわからないくらい。
なかなか良いスペックのパソコン買っちゃったので最低これで3倍分活用しないとですねー(;^ω^)

【モノ】ジャイアントカプリコ  いちご(グリコ)

ジャイアントカプリコ - グリコ
 先日、久しぶりに駄菓子のコーナーにジャイアントカプリコいちご味を見つけて懐かしいな〜と購入したんですけど、開封したらなんとチョコで顔が書いてあった

 え、え、いまのジャイアントカプリコってこんな仕様なの?かわいいな笑、と思ってたんだけど、ほどなくして2本目を買ったところ書いてなかったんで、袋を確認したところ、顔書いてあるのってラッキーだったことが判明
 1本久しぶりに買ったらいきなり当たりが出たからわかんなかったよ!笑

 なお、この顔は「カプすけ」というらしい。
 たまに食べたくなるもののひとつで、やっぱ旨い。みなさんもよければぜひ(^ω^)
 

【コト】店員は分身ロボット。外出困難な人達の社会参加を促すカフェ「DAWN ver.β」by オリィ研究所

「DAWN ver.β」
※画像は公式クラウドファンディングページより

 難病など様々な事情で外出困難な人が、株式会社オリィ研究所開発の分身ロボット「OriHime-D」を遠隔操作して働くカフェ「DAWN ver.β」を東京・赤坂の日本財団ビルにオープン予定。

 なお、カフェの概要や、オリイさんがここに至るまでの考えなどは下記の各サイトやページにてご覧いただけるんだけど、個人的なおすすめは、TV番組のNNNドキュメント2018年8月19日(日)放送分の「孤独をなくしたい 進め、分身ロボット」強くおすすめしたいです。ちょっとこれには自分も、見ながら涙出てましたね…
 オリイさんのことは何年か前にもテレビで取り上げられていたのを見たので知ってはいたんですけど、先日深夜にふと何気なくテレビをつけたら、このドキュメントが始まって間もなくで、終わりまですごく集中して見てました。

 同番組でも彼がおっしゃっていたんだけど、人口の減少、超超高齢化社会、労働力・介護要員の不足、などの社会問題がある中で、障碍者が自分自身で介護・サポートできるって最高な問題解決方法じゃないですか?
 それに、それ以外になんらかの事情で外に出るのが困難な方々がこのロボット遠隔操作で労働したり社会のなんらかに参加できる、っていうのはマジでひとつの革命になるレベルの話だと思うんですよね。遠い未来のどこかのお話、ではなく、リアルでそういうことの芽が今出始めている、しかも、大企業もそういったロボティクスな事業はすすめていないわけではないだろうけど、こういった個人が意思を以て立ち上げた組織がこれをやろうとしているってのがかっこよすぎると思うんですよね。

 オリイさんの方向自体にも共感できるというのはあるんだけど、自分自身、普通に簡単に歩くとか移動できることのありがたさを痛感することになったので対岸ではない感があり…。やっぱり、なかなか頼る人もいなかったり、人にお願いするって心理的に抵抗感がやっぱりあるんですよ。あと、細かい要望とかって自分で調節したいとかも出てくるものだし…。
 加齢や事故病気、境遇によって誰にでも社会的にも孤立するフェーズは発生しうるので、マジでがんばってほしいなと率直に思ってます。

 期間は、2018年11月26日〜30日、12月3〜7日の10日間限定
 だけどかなり席数が限られているので、確実に体験したいかたはクラウドファンディングmakuakeから参加したほうが確実だと思います。
 なお、自分も以前から主宰のオリィ研究所の代表、オリイさんの志や行動力が素晴らしいなぁと思ってはいたので、微力ながら出資参加しました(*^ω^)
 本日10/4からクラウドファンディング開始だということなんですけどすでにお金が集まりつつあるので、やはり共感する方々は多いんでしょうね。
 また、アニメ「イヴの時間」とコラボするそうなので内装はその作品に即した感じになるんですかね。

 ぜひぜひ、このプロジェクトが拡大して、さらにみんなの人生が豊かになったらいいなと思います。こんごも陰ながら応援しております。


<概要>
主催: 一般社団法人 分身ロボットコミュニケーション協会〔ARCA〕
助成: 公益財団法人 日本財団
後援: 株式会社オリィ研究所
日程: 2018年11月26日(月)〜30日(金)・ 12月3日(月)〜7日(金)10日間
時間: 13:00〜17:00※予定
※詳細はDAWN ver.βカフェ公式サイトにて。

<Youtube>
https://youtu.be/7vXnp1QB2lY


<関連リンク>
クラウドファンディングmakuake公式ページ
 【イヴの時間 コラボ決定!】寝たきりでも働ける分身ロボットカフェプロジェクト!

 …ここから出資して物理的に応援が可能です。出資額も数千円からと幅が用意されています。

DAWN ver.βカフェ公式サイト
 …ロボット店員が運営する期間限定のカフェの公式サイト。2018年11月26日〜30日、12月3〜7日の10日間。

オリィ研究所 公式サイト
 …ロボ開発者のオリィさんの会社公式サイト。

・記事:ALS患者らが目で操作 「分身ロボット」が接客するカフェ - ITmedia NEWS

・記事:ロボスタ 店員は分身ロボット「OriHime-D」、外出困難な人達の社会参加を促すカフェをオープン!アニメ「イヴの時間」とコラボ
 ”今回の実証実験カフェ「DAWN ver.β」では、2018年11月26日〜30日、12月3〜7日の合計10日間だけ開店する。分身ロボット「OriHime-D」を使い、10数名のリモートワーカーが3〜5台のOriHime-Dを入れ替わりで遠隔操作して接客を行う。「OriHime-D」にはカメラとマイクとスピーカーが内臓されており会話も可能で、難病などで発話が困難な従業員には接客時用の発話パネルを用意し、それを指や視線などで入力する事で合成音声での案内を行う予定だ。”

| 1/225 PAGES | >>


本メモ:ANATOMY FOR SCULPTORS

気になる & おすすめ

プロフィール

リンクメモ

カテゴリー

ブログ内検索

 

フィード他

モバイルQR

qrcode

webサービス

インテリア・雑貨店