このブログで人気の記事
【モノ】デッサンが苦手な自分みたいな方に凄い薦めたい技術本「人体のデッサン技法」【モノ】同人イベントで役立つグッズ紹介:EMINENT「キャリーカート」・タカ印「POPスタンド」【モノ】デッサン用フィギアに最適:特撮リボルテック SERIES No.020 骸骨剣士 2ndバージョン



【コト】分身ロボットカフェ(DAWN ver.β)に行ってきました

分身ロボットカフェ
 開店前に書いたこちらのエントリーの分身ロボットカフェに行ってきました。

 カフェの概要をざっと書くと、難病など様々な事情で外出困難な人が、株式会社オリィ研究所開発の分身ロボット「OriHime-D」を遠隔操作して働くカフェ「DAWN ver.β」が東京・赤坂の日本財団ビルに期間限定オープンしたものです。
 体調のこともあって行けない可能性も考えていたので席の予約券を抑えていませんでしたが、なんとギリギリ席が空いていて当日券で入場できました。ラッキーかよ(^ω^)

日本財団ビル
こちらが日本財団ビル。ゴリゴリに赤坂の中心、皇居の近くにあります。

メニュー
 メニューは2種類でオリィブレンド(ホットコーヒー)か、オレンジジュースが注文できます。
 最初に映像が中央のモニターで流され、そのあと間もなく分身ロボットがトレイを抱えて登場。
 各テーブルに移動して注文を取りに来てくれます。
 ドリンクを運んできてくれたあと、しばらく分身ロボットのパイロットさんとトークができました。とてもコミュニケーションが上手で、気さくで、質問にも答えてくださったり、まるでそこにご本人がいるかのように楽しく会話できました。なによりご本人が楽しそうに働いているので、こちらもうれしい気持ちになってしまいます。(^ω^)

パイロットプロフィール
 壁面には分身ロボットパイロットのプロフィールが掲示されています。
 注文と配膳をしてくださった大きいオリヒメ(移動が可能)以外にも、小さい元祖オリヒメ(こちらは上半身のみ)がテーブルに置かれ、そちらのパイロットさんともトークできました。こちらの場合はテーブル間をスタッフさんが移動させてくれます。
 とにかくどのオリヒメも実際見てみるとさらにフォルムがキュート。動けるオリヒメも小柄で思わずヨシヨシしたくなるようなかわいらしさがあるのですよ。立体デザインとしても非常に魅力的です。(*'ω'*)

オリヒメ
 見学コーナーでは実際にオリヒメを操作したり、視線文字入力システムの実体験ができました。目で入力できるのマジですごい。慣れない操作だったので時間がかかったけど、これ慣れたらすごい便利なんだと思う。入力した文字を音声として出力もできる。
 オリヒメの操作は、あらかじめ決められた動作ボタンをおせばワンタッチで手をあげたり、恥ずかしがったり(?)できるので、体が動かせない方でも文字や音声だけでなく、動作で感情を出すのが可能になります。

カフェ全体
 伺った当日も海外を含む、メディアの取材があるあたり斬新で未来を感じるイベント実験となったことでしょう。2020年オリンピックと同じ年に、実店舗のオープンを目標とされているそうなのでとても楽しみです。全国にも支店ができるといいですね。

 カフェに限らず、希望を感じる試みであったことは間違いないイベントだたっと思います。
 自分もいつ、全身が動かなくなったり自宅から出られなかったりする状態になるかわかりませんし、老人にはだれしもなるわけで、そういったとき、この技術がさらにパワーアップしているんだと思うのですが、変な話、それを使うのが楽しみ、という楽しみも出来た気がしました。

 時に世の中は「AI!AI!ロボットに仕事を奪われるときが来るぞ!」みたいな風潮があって、さもテクノロジーが悪で脅かす存在に書かれることもありがちなのですが、未来はそんなに悪くなく、人間とロボティクス、ほか最先端のテクノロジーで不自由なことがそうでなくなり、できないと思っていたことができるようになる時代になり、悲しいことはゼロにはならないだろうけど、希望も無くならないんだなと、改めて感じます。

 世界史に残るかもしれない、いや残るような画期的な試みの場にお客とささやかな支援者として関われたことを、とても光栄に思います。素敵な体験をありがとうございました。今後ともかげながら応援していきたいなと思います。

【モノ】ジャイアントカプリコ  いちご(グリコ)

ジャイアントカプリコ - グリコ
 先日、久しぶりに駄菓子のコーナーにジャイアントカプリコいちご味を見つけて懐かしいな〜と購入したんですけど、開封したらなんとチョコで顔が書いてあった

 え、え、いまのジャイアントカプリコってこんな仕様なの?かわいいな笑、と思ってたんだけど、ほどなくして2本目を買ったところ書いてなかったんで、袋を確認したところ、顔書いてあるのってラッキーだったことが判明
 1本久しぶりに買ったらいきなり当たりが出たからわかんなかったよ!笑

 なお、この顔は「カプすけ」というらしい。
 たまに食べたくなるもののひとつで、やっぱ旨い。みなさんもよければぜひ(^ω^)
 

【コト】店員は分身ロボット。外出困難な人達の社会参加を促すカフェ「DAWN ver.β」by オリィ研究所

「DAWN ver.β」
※画像は公式クラウドファンディングページより

 難病など様々な事情で外出困難な人が、株式会社オリィ研究所開発の分身ロボット「OriHime-D」を遠隔操作して働くカフェ「DAWN ver.β」を東京・赤坂の日本財団ビルにオープン予定。

 なお、カフェの概要や、オリイさんがここに至るまでの考えなどは下記の各サイトやページにてご覧いただけるんだけど、個人的なおすすめは、TV番組のNNNドキュメント2018年8月19日(日)放送分の「孤独をなくしたい 進め、分身ロボット」強くおすすめしたいです。ちょっとこれには自分も、見ながら涙出てましたね…
 オリイさんのことは何年か前にもテレビで取り上げられていたのを見たので知ってはいたんですけど、先日深夜にふと何気なくテレビをつけたら、このドキュメントが始まって間もなくで、終わりまですごく集中して見てました。

 同番組でも彼がおっしゃっていたんだけど、人口の減少、超超高齢化社会、労働力・介護要員の不足、などの社会問題がある中で、障碍者が自分自身で介護・サポートできるって最高な問題解決方法じゃないですか?
 それに、それ以外になんらかの事情で外に出るのが困難な方々がこのロボット遠隔操作で労働したり社会のなんらかに参加できる、っていうのはマジでひとつの革命になるレベルの話だと思うんですよね。遠い未来のどこかのお話、ではなく、リアルでそういうことの芽が今出始めている、しかも、大企業もそういったロボティクスな事業はすすめていないわけではないだろうけど、こういった個人が意思を以て立ち上げた組織がこれをやろうとしているってのがかっこよすぎると思うんですよね。

 オリイさんの方向自体にも共感できるというのはあるんだけど、自分自身、普通に簡単に歩くとか移動できることのありがたさを痛感することになったので対岸ではない感があり…。やっぱり、なかなか頼る人もいなかったり、人にお願いするって心理的に抵抗感がやっぱりあるんですよ。あと、細かい要望とかって自分で調節したいとかも出てくるものだし…。
 加齢や事故病気、境遇によって誰にでも社会的にも孤立するフェーズは発生しうるので、マジでがんばってほしいなと率直に思ってます。

 期間は、2018年11月26日〜30日、12月3〜7日の10日間限定
 だけどかなり席数が限られているので、確実に体験したいかたはクラウドファンディングmakuakeから参加したほうが確実だと思います。
 なお、自分も以前から主宰のオリィ研究所の代表、オリイさんの志や行動力が素晴らしいなぁと思ってはいたので、微力ながら出資参加しました(*^ω^)
 本日10/4からクラウドファンディング開始だということなんですけどすでにお金が集まりつつあるので、やはり共感する方々は多いんでしょうね。
 また、アニメ「イヴの時間」とコラボするそうなので内装はその作品に即した感じになるんですかね。

 ぜひぜひ、このプロジェクトが拡大して、さらにみんなの人生が豊かになったらいいなと思います。こんごも陰ながら応援しております。


<概要>
主催: 一般社団法人 分身ロボットコミュニケーション協会〔ARCA〕
助成: 公益財団法人 日本財団
後援: 株式会社オリィ研究所
日程: 2018年11月26日(月)〜30日(金)・ 12月3日(月)〜7日(金)10日間
時間: 13:00〜17:00※予定
※詳細はDAWN ver.βカフェ公式サイトにて。

<Youtube>
https://youtu.be/7vXnp1QB2lY


<関連リンク>
クラウドファンディングmakuake公式ページ
 【イヴの時間 コラボ決定!】寝たきりでも働ける分身ロボットカフェプロジェクト!

 …ここから出資して物理的に応援が可能です。出資額も数千円からと幅が用意されています。

DAWN ver.βカフェ公式サイト
 …ロボット店員が運営する期間限定のカフェの公式サイト。2018年11月26日〜30日、12月3〜7日の10日間。

オリィ研究所 公式サイト
 …ロボ開発者のオリィさんの会社公式サイト。

・記事:ALS患者らが目で操作 「分身ロボット」が接客するカフェ - ITmedia NEWS

・記事:ロボスタ 店員は分身ロボット「OriHime-D」、外出困難な人達の社会参加を促すカフェをオープン!アニメ「イヴの時間」とコラボ
 ”今回の実証実験カフェ「DAWN ver.β」では、2018年11月26日〜30日、12月3〜7日の合計10日間だけ開店する。分身ロボット「OriHime-D」を使い、10数名のリモートワーカーが3〜5台のOriHime-Dを入れ替わりで遠隔操作して接客を行う。「OriHime-D」にはカメラとマイクとスピーカーが内臓されており会話も可能で、難病などで発話が困難な従業員には接客時用の発話パネルを用意し、それを指や視線などで入力する事で合成音声での案内を行う予定だ。”

【モノ】楽曲「獣ゆく細道」椎名林檎&宮本浩次(エレファントカシマシ)

獣ゆく細道
※画像は公式サイト

”孤独とは言ひ換へりやあ自由 黙つて遠くへ行かう
行く先はこと切れる場所 大自然としていざ行かう
誰も通れぬ程狭き道をゆけ”


椎名林檎と宮本浩次
獣ゆく細道
https://www.youtube.com/watch?v=tIe-kXTmj3E

上記URLでMVフル視聴できます。かっこいい。好きだー
『news zero』の新テーマ曲として同番組でちょっと見て気になってフルでMV見たらすごくよかったです。
歌詞もその内容も最高。

獣ゆく細道 公式サイト

獣ゆく細道
ファンアートも描いちゃった。似顔絵が苦手なのかわらないな…(;^ω^)宮本さんは目がかわいい方ですね。林檎さん描こうと思ったけど更に似てなくなりそうだったので…もうちょい大きいのはピクシブにあります。

【モノ】みはしの「栗クリームあんみつ」(季節限定)

みはしの「栗クリームあんみつ」(季節限定)
先日、みはしの「栗クリームあんみつ」(季節限定)を食べました。

 みはしのあんみつは食べたいな〜と少し前から思っていたんだけど、やはり秋なので季節感があるものにしようかなということで栗が入っているメニューにしました。
 トッピングオプションで白玉も追加して、すごいスペシャルな感じに…

 いつも思うんだけど、自分にはこういうときの餡がやや多すぎて餡だけちょい残したんだけど美味しかったです(^ω^)
 こういう甘味は、あったかいお茶との相性が最高ですね。

【コト】大黒柱が1人が支える4人家族はもはや標準ではない…”総世帯数の5%にも満たない「標準世帯」”

カーネーション
写真はカーネーションとワレモコウ。秋らしい花と色の組み合わせで気に入ってます。

昭和49(1974)年時点では、世帯人員が4人で有業者数が1人である世帯が最多で、総世帯数の14.56%を占めた。当時としては、「4人世帯・有業者数1人」こそが標準世帯であり、この世帯における収支の動向が日本の縮図を示すと言っても差支えなかっただろう。(中略)

平成の時代に入っても1人世帯の割合は上昇し続ける。平成29(2017)年現在では、世帯数のトップは無業の1人世帯に代わっている。「4人世帯・有業者数1人」は世帯数で9番目の存在でしかなく、シェアは4.60%だ。また、「4人世帯」の中では有業者数1人よりも有業者数2人の世帯(シェア6.82%)の方が多い。

「標準世帯」は日本の総世帯数の5%にも満たず、もはや日本の縮図とは言えない。

総世帯数の5%にも満たない「標準世帯」 2018年07月10日 | 大和総研グループ | 是枝 俊悟
※太字は当ブログによる。

これけっこう衝撃じゃないすか?
4人世帯、すなわち両親と子供が2人いる「典型定期な家族の」のイメージだった形が総世帯数の5%にも満たない。
1人暮しの世帯が3割。
しかも無職の1人世帯と2人世帯、有職の1人世帯でもう45%近くです。
まじで核家族、個人の時代、高齢者の時代になってきたんだなってことを数でつきつけられますね。
特にマス広告メディアとか商品開発ではここの流れについていけない企業は軒並みヤバそうですな…

そしてこれからは更に出生率が低くなり高齢者の比率がモリモリあがる超高齢化社会が全面にでるような時代に突入しています。
まじで生存戦略ーッを考えないとまずいなぁと思う今日この頃です…

【コト】「東京ミッドタウン日比谷」と「PHUKET ORIENTAL」(プーケットオリエンタル)

東京ミッドタウン日比谷
用事のついでに、東京ミッドタウン日比谷に行ってきました。

 ガイアの夜明けとかで取り上げられられていて気にはなっていたんですよねぇ。
 何気にかなりの人出で、エスカレーターには常に人が乗っていて、フロアには人が回遊していて、人が魚みたいに思えて、なんだかちょっと水族館みたいでした。

 客層はやはりちょっとこじゃれた人も多かったけど、自分みたいなのが紛れてても緊張はしないくらいな感じですかね…(;^ω^)ディスプレイがやはりTHEトウキョウという感じで素敵な店舗が多かったです。個人的にはTREEさんの盆栽との掛け合わせが好きでした。

外は日比谷公園
隣は日比谷公園。都心ながら緑が美しい商業施設です。

屋上とカフェ
映画館を抜けて更に上に上ると、屋上に出られます。

屋上の人々
天気も良かったので人が多く来ていました。やっぱ高いところに出て風に当たるのは最高ですねー 夜の景色もよさそうです。

カオマンガイ
 お腹が減ってたのでタイ料理の「PHUKET ORIENTAL」(プーケットオリエンタル)で飯を食いました。
 好きなカオマンガイ。たれは2種類で、しょっぱいのと甘めなのとで味に変化を付けながら食べられるので飽きません。
 ランチ価格890円でスープ、ミニデザート(杏仁豆腐?)、可愛らしいサイズのグリーンスムージーがついてきます。
 ミッドタウン内ではかなりリーズナブルにランチできるのでおすすめです。自分のときは並ばずに入れたし。

 他に気になる飲食店は、京はやしやプロデュースの和カフェの「林屋新兵衛 (ハヤシヤシンベエ)」さんのスイーツ(抹茶わらび餅と抹茶葛ねりのドリンクセット1300円とか食いたいなー)とか、ベーカリー&カフェの「JEAN FRANCOIS(HIBIYA FOOD HALL) ジャン・フランソワ」さんとか。後者のお店はパン屋で「会計に20分かかります」という看板が出てるくらいの盛況ぷり。確かに美味しそうだったもんなーほんと店によって全然ちゃいますからな…パンも…
 その他のちょっと上のラインのごはんとかもいずれは食べてみたいです。

 お気に入りの、魚のみりん粕漬けが美味しい「鈴波」さんも店舗が入っているんですが、混んでいて並んでいたので今回はあきらめました。ちなみに鈴波さんは六本木のミッドタウンにも入っています。

 日比谷、有楽町、銀座、そして東京駅からも近いので、寄り道に行ってみるのも楽しいと思います。(^ω^)

【コト】森美術館「建築の日本展」に行ってきた

建築展
六本木ヒルズ内 森美術館「建築の日本展」に行ってきました。
古代のものから計400点超の展示があり、日本の建築をダイジェストでめぐることができます。
それにしてもちょっと150年前くらいはまだ江戸時代だったなんてなんか信じられないですね。

入口
9つのセクションに分けた展示です。

木組み
釘など一切なしの木組み。美しい。

屋敷ミニチュア
東京オリンピック(1964年)、大阪万博(1970年)など、戦後の国家的プロジェクトに携わった、建築家の丹下健三氏の自宅の模型。ちなみに今は無いそうです。

ライゾマ
ライゾマティクスのCG体験型インスタレーション。数分。台の上にも実際に乗って鑑賞できる。
被災時のパーソナルスペースを形どるダンボールの広さなども入っていたのが印象深かったです。
これの延長で避難所のパーソナルスペース実物展示とかもやってほしかったかも。
「建築の日本展」齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》メイキング動画

茶室
千利休作の茶室、国宝「待庵」が原寸で再現されています。
茶室には実際に中に入れます。腰をかがめて入る。ちっこくて可愛らしい小屋でした。
身長が大き目の人にはファザード屋根の部分も頭がぶつかりそうなのでお気を付けて。


 撮影許可がなかったので撮れなかったけど「出雲大社本殿復元模型」も良かったですね。
 あれ、今あったら更に観光の目玉になっていただろうな。おごそかで、ユニークで、脅威的でもある。 

 あと、現代の計画も多く展示されていて、すごくアグレッシブな変わった建築物の施工計画や動画も見ることができました。移動の補助してくれた友達に感謝…
 もう少しで閉会してしまうので、気になっている方はぜひ。(^ω^)


六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展
建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの


いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建築家たちが国際的に高い評価を得ているのは、古代からの豊かな伝統を礎とした日本の現代建築が、他に類を見ない独創的な発想と表現を内包しているからだとはいえないでしょうか。

日本は、明治維新からの150年間、大いなる建築の実験場でした。幾多の実践のなかで、日本の成熟した木造文化はいかに進化したのでしょうか。西洋は日本の建築にどのような魅力を見いだし、日本建築はそれにどう向き合ったのでしょうか。日々の暮らしや自然観といった目に見えないものの変遷も日本の建築を捉える上で重要な要素となるはずです。

本展は、いま、日本の建築を読み解く鍵と考えられる9つの特質で章を編成し、機能主義の近代建築では見過ごされながらも、古代から現代までその底流に脈々と潜む遺伝子を考察します。貴重な建築資料や模型から体験型インスタレーションまで100プロジェクト、400点を超える多彩な展示によって、日本建築の過去、現在だけでなく、未来像が照らしだされることでしょう。

会期: 2018.4.25(水)〜 9.17(月)
料金: 一般  1,800円
時間: 10:00〜22:00(最終入館 21:30)
※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)

https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/japaninarchitecture/

【モノ】運動不足を室内で補うステッパー「女神パープル mini 3D ステッパー」

女神パープル mini 3D ステッパー
「女神パープル mini 3D ステッパー」を買いました。

 購入の理由は、やはり寒暖が近年ひどい時期があって外出できないとき、室内で運動できるようにしたかったため。
Amazonで「ステッパー」を検索し、ベストセラー1位となってて値段も手頃なのでこれにしました。配色はもうちょっと中間色だと嬉しかったけど(;^ω^)

 機能は最低限揃っていて歩数、時間、消費カロリー、ステップ数が表示される画面がついています。
 なおこれらを順番にぜんぶ表示させるモードもついてる。
 それからステッパーの角度はある程度調節できるので、始めたばかりの人や、軽めの運動を希望している人は傾斜を少な目にするといいと思う。

 日本語がやや怪しい説明書や、設置脚のキャップ部分が外れやすいとか、多少の音がするとか、まあありますけど、7000円くらいでコンパクトに、室内運動器具を利用できるのはいいなと思います。
 ほんとはサイクリングバイク的なやつとか歩行機みたいなのも気になったんだけどとにかく場所をとりそうなので、今回は一番コンパクトな運動器具を選びました。

 20分、動画やテレビ、本などをみながらだと結構あっという間です。なお結構疲れるしうっすら額に汗がにじむくらいですね。(運動不足の自分だからかもしれないけど)
 下半身の筋肉はマジで大事なので、腹筋などを鍛えているかたも、下半身を含めた筋トレをすることを強くオススメしたいです。筋肉が多いとこでもあるのでここ鍛えると多分代謝てきにもいいと思いますー
 

【モノ】ラペルーシュの砂糖「ホワイトシュガー」・「ブラウンシュガー」

ラペルーシュ ホワイト&ブラウン
ラペルーシュの角砂糖、ブラウンとホワイト。

紅茶とラペルーシュ
 普通の砂糖よりまろやかで上品な甘さの砂糖です。先日ホットティーを飲んだ時に添えられていた砂糖がちょっと珍しいなと思って調べたらこの品でした。ブラウンにはカラメルが入っています。
 そのときは個別包装でかわいい鮮やかな鳥のパッケージが印象的でした。個別包装と大袋入り、2つのバージョンが存在するようです。

 コーヒーに砂糖を入れて飲む人に贈ったら喜ばれたので、コーヒー・紅茶が好きな方々へのちょっとしたプレゼントにいかがでしょうか。

 ネットで軽く見ていたところ、砂糖を入れたあと無理にかき回して全部とかそうとせず、少しずつ自然に溶けるのをまって、味の変化を楽しむという素敵な楽しみ方をしている方もいらっしゃいましたねー(^ω^)

”100年以上前にフランスで誕生したペルーシュは、主にインド洋に浮かぶ小さな島、レユニオン島で栽培されているサトウキビを100%使用した、おしゃれなふぞろいの角砂糖。コーヒーや紅茶の風味を一層引き立てるそのおいしさは、一流レストラン・ホテルのカフェなどで大好評です。
まるで手作りのように大きさがふぞろいのフランス生まれの角砂糖。砂糖をコーヒーに入れ、かき混ぜずにそのままお飲みいただくと、飲むにつれて甘みの微妙な変化を楽しむことができます。”

公式サイト:https://www.grandecuisine.jp/blog/cassonade/

 

| 1/33 PAGES | >>


本メモ:ANATOMY FOR SCULPTORS

気になる & おすすめ

プロフィール

リンクメモ

カテゴリー

ブログ内検索

 

フィード他

モバイルQR

qrcode

webサービス

インテリア・雑貨店