このブログで人気の記事
【モノ】デッサンが苦手な自分みたいな方に凄い薦めたい技術本「人体のデッサン技法」【モノ】同人イベントで役立つグッズ紹介:EMINENT「キャリーカート」・タカ印「POPスタンド」【モノ】デッサン用フィギアに最適:特撮リボルテック SERIES No.020 骸骨剣士 2ndバージョン
同人音楽「Midnight Fragments」(ミッドナイトフラグメンツ)
月夜がコンセプトのオリジナル同人音楽CD「Midnight Fragments」通販受付中!



【モノ】『大きな鳥にさらわれないよう 』川上 弘美 ・『ギケイキ』町田 康著

ブルータス
BRUTUS(ブルータス) 』の2017年1/1・1/15合併号の特集は【危険な読書】
で、気になった本2冊を電子書籍にてamazon購入しました。

大きな鳥にさらわれないよう ギケイキ

1冊目は川上 弘美著の『大きな鳥にさらわれないよう』。

 96年「蛇を踏む」で芥川賞を受賞した作家さんとのこと。(あまり詳しくなくて申し訳ない)
 書き出しが湯のみに出る女性の話で、文体も終始なんとなくのんびりして、生活感のある日常的な描写と思いきや、違和感の小さなボールが徐々に顔をだし、次第に大きな塊になって絶望的な風景を紡ぎ始めます。あまり事前知識を入れずに読むことをおすすめしたい作品です。


2冊目は町田 康著『ギケイキ』

 平安時代末期の武将、牛若丸こと源 義経(みなもと の よしつね)の人生を綴った史伝物語『義経記』(ぎけいき)を現代風に自分のような歴史に疎いような人にも読みやすくイイカンジに現代訳(?)した作品。”アナーキーな私にビビッていたようだ”とか”ファッションが大事であいつらはダサイ”みたいな表現の仕方なので、ダメなひとはとことん受け付けないかもしれないけど、自分には良かった。これはまだ読みかけ。


 年の瀬でバタバタな方々も多いかと思いますが、温かくした部屋で好きな飲み物などを置いて、ゆっくりと気になった本を読むのもオツですよ。
 
評価:
町田 康
河出書房新社
¥ 1,728
(2016-05-12)




本メモ:ANATOMY FOR SCULPTORS

気になる & おすすめ

感情類語辞典
感情類語辞典 (JUGEMレビュー »)
アンジェラ・アッカーマン,ベッカ・パグリッシ,Angela Ackerman,Becca Puglisi

Amazon

プロフィール

リンクメモ

カテゴリー

ブログ内検索

 

フィード他

モバイルQR

qrcode

インテリア・雑貨店