このブログで人気の記事
【モノ】デッサンが苦手な自分みたいな方に凄い薦めたい技術本「人体のデッサン技法」【モノ】同人イベントで役立つグッズ紹介:EMINENT「キャリーカート」・タカ印「POPスタンド」【モノ】デッサン用フィギアに最適:特撮リボルテック SERIES No.020 骸骨剣士 2ndバージョン
同人音楽「Midnight Fragments」(ミッドナイトフラグメンツ)
月夜がコンセプトのオリジナル同人音楽CD「Midnight Fragments」通販受付中!



【コト】大黒柱が1人が支える4人家族はもはや標準ではない…”総世帯数の5%にも満たない「標準世帯」”

カーネーション
写真はカーネーションとワレモコウ。秋らしい花と色の組み合わせで気に入ってます。

昭和49(1974)年時点では、世帯人員が4人で有業者数が1人である世帯が最多で、総世帯数の14.56%を占めた。当時としては、「4人世帯・有業者数1人」こそが標準世帯であり、この世帯における収支の動向が日本の縮図を示すと言っても差支えなかっただろう。(中略)

平成の時代に入っても1人世帯の割合は上昇し続ける。平成29(2017)年現在では、世帯数のトップは無業の1人世帯に代わっている。「4人世帯・有業者数1人」は世帯数で9番目の存在でしかなく、シェアは4.60%だ。また、「4人世帯」の中では有業者数1人よりも有業者数2人の世帯(シェア6.82%)の方が多い。

「標準世帯」は日本の総世帯数の5%にも満たず、もはや日本の縮図とは言えない。

総世帯数の5%にも満たない「標準世帯」 2018年07月10日 | 大和総研グループ | 是枝 俊悟
※太字は当ブログによる。

これけっこう衝撃じゃないすか?
4人世帯、すなわち両親と子供が2人いる「典型定期な家族の」のイメージだった形が総世帯数の5%にも満たない。
1人暮しの世帯が3割。
しかも無職の1人世帯と2人世帯、有職の1人世帯でもう45%近くです。
まじで核家族、個人の時代、高齢者の時代になってきたんだなってことを数でつきつけられますね。
特にマス広告メディアとか商品開発ではここの流れについていけない企業は軒並みヤバそうですな…

そしてこれからは更に出生率が低くなり高齢者の比率がモリモリあがる超高齢化社会が全面にでるような時代に突入しています。
まじで生存戦略ーッを考えないとまずいなぁと思う今日この頃です…



本メモ:ANATOMY FOR SCULPTORS

気になる & おすすめ

プロフィール

リンクメモ

カテゴリー

ブログ内検索

 

フィード他

モバイルQR

qrcode

webサービス

インテリア・雑貨店