このブログで人気の記事
【モノ】デッサンが苦手な自分みたいな方に凄い薦めたい技術本「人体のデッサン技法」【モノ】同人イベントで役立つグッズ紹介:EMINENT「キャリーカート」・タカ印「POPスタンド」【モノ】デッサン用フィギアに最適:特撮リボルテック SERIES No.020 骸骨剣士 2ndバージョン

【モノ】デッサンが苦手な自分みたいな方に凄い薦めたい技術本「人体のデッサン技法」

人体のデッサン技法
 先日買ったイラスト技術本「人体のデッサン技法」(著:ジャック・ハム) が超絶良かったので紹介します。
 
 …といっても、絵を描いている方にはもうめちゃくちゃ有名な絵の技術書なので、いまさら紹介するのもちょっと気が引けましたが(;´ω`)

人体のデッサン技法
人を描く際の要点が分かり易く掲載されています。

 様々なところで紹介されている本なのに、なぜか自分は最近まで読んだことが無かったんですが”スッゲー分かり易さ”に感激したので、もしも自分のように未読だったり以下のような方だったらとてもおすすめです。

◆この本がおすすめな方
・初心者の方
「絵を描くのが好きなんだけど、デッサンとかが苦手でやったことがない」という方
「なんとなく感覚で描いてきたけど、そろそろ人体の構造や知識が必要な気がする」
「デッサンやらないとなぁとは思っていたがあらゆるデッサン本で挫折してきた」

 本のタイトルが「デッサン」と題されていますが、どちらかというとイラストチックで凄い分かりやすい。デッサンというと(結局はどちらも形をとらえるという点では同じですが)”面”みたいなことを耳にしますが、どちらかというと”線”です。だからかもしれないですけども、何で今まで読んでなかったのかと思うほど自分には合ってました。。

 自分、「お絵かき」は好きなんですが、「デッサン」が苦手というかあまり好きじゃないんですよね。でも「やっぱ更に上手くなるにはデッサンもやらないといけないんだろうなぁ」とか思って、今までに数冊デッサン本を買ってきました。でもやっぱ”好きじゃない”のも手伝ってると思うんですけど余計に読む気が起きなかったり頭に入ってこなかったりしてきたんすよね。。
 有名デッサン系の本というと「やさしい美術解剖図」とか「やさしい人物画」とか「アーティストのための美術解剖学」とかですかね。持っているけど微妙に挫折したクチです。。これらもゆくゆくは消化できるようにしたいとは思うわけですが(;´ω`)

 でも、この本は先に述べた通り説明がイラストっぽくて、しかも要点が凝縮されて非常に分かりやすいし読みやすい。骨や筋肉の解説も載っているけれど他の本みたいに「複雑で細かい図鑑」ではなく「凄くポイントを押さえた構造説明」が行われています。
 1976年刊行で絵柄はどこか海外レトロな感じがしますがそれも味の一つ。内容はおそらくこの先も衰えることのないだろうという着眼点やモノのとらえ方のエッセンスがぎっちり詰まっています。自分が持っているのはなんと26刷版です。ロングセラーであるには理由があったんですね。

 多分この本でざっくりと人体の構造をおおまかに把握してから、他のデッサン本を読んだほうが頭に入りやすいし理解し易いです。(少なくとも自分はそう思いました。)読んで理解しながら自分で描いてみる、という使い方をしています。おそらく描く節々で何回も読み返す本。

 これを読めば絶対に絵が上手くなる!かは個人差があると思うので言えないですが、少なくとも満足感が得られてちょっと描くのが楽しくなる気がします。

 最後に、この本と一緒におすすめの、立体感覚の補完用フィギアの紹介も少々。


リボルテック骸骨剣士 と figma archetype:she&he (アーキタイプ:シー&ヒー)
◆骸骨フィギアを見ながらだと更に分かり易い
 骨格が出てくるページでは、前購入した海洋堂さんの
特撮リボルテック 骸骨剣士 2nd」(写真:左)を見ながら読んでました。これは以前書いたこちらの記事にもありますけど、「本格的な骨格標本とまではいかないけど、大づかみに骨格を知るにはもってこいの低価格で且つハイクオリィティな骸骨フィギア」です。関節部分はある程度ぐりぐり動かせるので”触り動かしながら骨格をざっくり掴む”のに向いていると思います。正直こんだけよくできているのに2,000円程ってかなりコスパいいし大丈夫なのかと思ってしまう。。買う側にとってはありがたいんですけどね^^;

 そして、写真右側の2体の無地な肌のフィギアはそれぞれ、「figma archetype:she flesh color ver(アーキタイプ:シー)」と「figma archetype:he flesh color ver (アーキタイプ:ヒー)」です。これについてはまた別途記事を書きたいと思ってますが1、2か月前に購入。
 これらは限定品のフィグマシリーズの無地バージョンらしくオークション等じゃないと手に入れづらいのが難点ではあります。。まだこれを本格的に使ってないですが単体もしくは2人が接しているポーズをいろんな角度から見たときにどんな感じに見えるのかをざっくり掴むのに良さげ。

 上のフィギア3体にご興味を持たれた方がいたとすると、やっぱ骸骨剣士は安いしグリグリ動かせるし骨格もつかめるので個人的には3体の中で一番おすすめです。肉がついたフィギアは他のでもいいかと思いますけど、骸骨のお手頃フィギアはこちら以外に悩む物が見つからなかったので。

 ではでは。

<その他の関連記事:同人活動>
●【同人イベントで役立つグッズ紹介】タカ印「POPスタンド」・EMINENT「キャリーカート」
●【技術本レビュー】最近購入したイラスト技術本たち6冊(絵の資料集やイラスト技術本)
●【デッサン用人形】特撮リボルテック 骸骨剣士 2nd…低価格でハイクオリティな人体模型。

 
評価:
ジャック・ハム,島田 照代
嶋田出版
¥ 2,160
(1987-07)




本メモ:ANATOMY FOR SCULPTORS

気になる & おすすめ

感情類語辞典
感情類語辞典 (JUGEMレビュー »)
アンジェラ・アッカーマン,ベッカ・パグリッシ,Angela Ackerman,Becca Puglisi

プロフィール

リンクメモ

カテゴリー

ブログ内検索

 

フィード他

モバイルQR

qrcode

Blog parts



nakahito

インテリア・雑貨店