このブログで人気の記事
【モノ】デッサンが苦手な自分みたいな方に凄い薦めたい技術本「人体のデッサン技法」【モノ】同人イベントで役立つグッズ紹介:EMINENT「キャリーカート」・タカ印「POPスタンド」【モノ】デッサン用フィギアに最適:特撮リボルテック SERIES No.020 骸骨剣士 2ndバージョン



【モノ】みはしの「栗クリームあんみつ」(季節限定)

みはしの「栗クリームあんみつ」(季節限定)
先日、みはしの「栗クリームあんみつ」(季節限定)を食べました。

 みはしのあんみつは食べたいな〜と少し前から思っていたんだけど、やはり秋なので季節感があるものにしようかなということで栗が入っているメニューにしました。
 トッピングオプションで白玉も追加して、すごいスペシャルな感じに…

 いつも思うんだけど、自分にはこういうときの餡がやや多すぎて餡だけちょい残したんだけど美味しかったです(^ω^)
 こういう甘味は、あったかいお茶との相性が最高ですね。

【コト】大黒柱が1人が支える4人家族はもはや標準ではない…”総世帯数の5%にも満たない「標準世帯」”

カーネーション
写真はカーネーションとワレモコウ。秋らしい花と色の組み合わせで気に入ってます。

昭和49(1974)年時点では、世帯人員が4人で有業者数が1人である世帯が最多で、総世帯数の14.56%を占めた。当時としては、「4人世帯・有業者数1人」こそが標準世帯であり、この世帯における収支の動向が日本の縮図を示すと言っても差支えなかっただろう。(中略)

平成の時代に入っても1人世帯の割合は上昇し続ける。平成29(2017)年現在では、世帯数のトップは無業の1人世帯に代わっている。「4人世帯・有業者数1人」は世帯数で9番目の存在でしかなく、シェアは4.60%だ。また、「4人世帯」の中では有業者数1人よりも有業者数2人の世帯(シェア6.82%)の方が多い。

「標準世帯」は日本の総世帯数の5%にも満たず、もはや日本の縮図とは言えない。

総世帯数の5%にも満たない「標準世帯」 2018年07月10日 | 大和総研グループ | 是枝 俊悟
※太字は当ブログによる。

これけっこう衝撃じゃないすか?
4人世帯、すなわち両親と子供が2人いる「典型定期な家族の」のイメージだった形が総世帯数の5%にも満たない。
1人暮しの世帯が3割。
しかも無職の1人世帯と2人世帯、有職の1人世帯でもう45%近くです。
まじで核家族、個人の時代、高齢者の時代になってきたんだなってことを数でつきつけられますね。
特にマス広告メディアとか商品開発ではここの流れについていけない企業は軒並みヤバそうですな…

そしてこれからは更に出生率が低くなり高齢者の比率がモリモリあがる超高齢化社会が全面にでるような時代に突入しています。
まじで生存戦略ーッを考えないとまずいなぁと思う今日この頃です…

【言葉】「スゴイことをしている孤独なバカを見つけたら 立ち上がって参加する 最初の人間となる勇気を持ってください」

1人のバカをリーダーに変えたのは
最初のフォロワーだったのです

スゴイことをしている孤独なバカを見つけたら
立ち上がって参加する
最初の人間となる勇気を持ってください

Derek Sivers
TED2010
How to start a movement

TED デレク・シヴァーズの「ムーブメントの起こし方」

3分で凄い強烈なトークが行われている

【言葉】踏み込んで「使う仕組み」や「うまくいくための工夫」しないと動かないのはあたりまえだったりもする。

「作っても誰も使わない」というのは当たり前のことだし、「試してもうまくいかない」のも当たり前のこと。そこでみんな辞めすぎる。踏み込んで「使う仕組み」や「うまくいくための工夫」しないと動かないのはあたりまえだったりもする。素早く試すのやり方をみんな間違えてる。

深津 貴之 / THE GUILD @fladdict

【コト】「東京ミッドタウン日比谷」と「PHUKET ORIENTAL」(プーケットオリエンタル)

東京ミッドタウン日比谷
用事のついでに、東京ミッドタウン日比谷に行ってきました。

 ガイアの夜明けとかで取り上げられられていて気にはなっていたんですよねぇ。
 何気にかなりの人出で、エスカレーターには常に人が乗っていて、フロアには人が回遊していて、人が魚みたいに思えて、なんだかちょっと水族館みたいでした。

 客層はやはりちょっとこじゃれた人も多かったけど、自分みたいなのが紛れてても緊張はしないくらいな感じですかね…(;^ω^)ディスプレイがやはりTHEトウキョウという感じで素敵な店舗が多かったです。個人的にはTREEさんの盆栽との掛け合わせが好きでした。

外は日比谷公園
隣は日比谷公園。都心ながら緑が美しい商業施設です。

屋上とカフェ
映画館を抜けて更に上に上ると、屋上に出られます。

屋上の人々
天気も良かったので人が多く来ていました。やっぱ高いところに出て風に当たるのは最高ですねー 夜の景色もよさそうです。

カオマンガイ
 お腹が減ってたのでタイ料理の「PHUKET ORIENTAL」(プーケットオリエンタル)で飯を食いました。
 好きなカオマンガイ。たれは2種類で、しょっぱいのと甘めなのとで味に変化を付けながら食べられるので飽きません。
 ランチ価格890円でスープ、ミニデザート(杏仁豆腐?)、可愛らしいサイズのグリーンスムージーがついてきます。
 ミッドタウン内ではかなりリーズナブルにランチできるのでおすすめです。自分のときは並ばずに入れたし。

 他に気になる飲食店は、京はやしやプロデュースの和カフェの「林屋新兵衛 (ハヤシヤシンベエ)」さんのスイーツ(抹茶わらび餅と抹茶葛ねりのドリンクセット1300円とか食いたいなー)とか、ベーカリー&カフェの「JEAN FRANCOIS(HIBIYA FOOD HALL) ジャン・フランソワ」さんとか。後者のお店はパン屋で「会計に20分かかります」という看板が出てるくらいの盛況ぷり。確かに美味しそうだったもんなーほんと店によって全然ちゃいますからな…パンも…
 その他のちょっと上のラインのごはんとかもいずれは食べてみたいです。

 お気に入りの、魚のみりん粕漬けが美味しい「鈴波」さんも店舗が入っているんですが、混んでいて並んでいたので今回はあきらめました。ちなみに鈴波さんは六本木のミッドタウンにも入っています。

 日比谷、有楽町、銀座、そして東京駅からも近いので、寄り道に行ってみるのも楽しいと思います。(^ω^)

<< | 2/225 PAGES | >>


本メモ:ANATOMY FOR SCULPTORS

気になる & おすすめ

プロフィール

リンクメモ

カテゴリー

ブログ内検索

 

フィード他

モバイルQR

qrcode

webサービス

インテリア・雑貨店